le temps vole

voleur.exblog.jp

タグ:M6 ( 10 ) タグの人気記事

フレンチレストラン

e0194998_2331494.jpg


ごくたまああに行くフランス料理。

雑誌をみたりして新しいお店に行ってみます。

うちはフランスのビストロのように何々というスタイルでやっております、とサービス係のオシャレなお兄さん。私も詳しいわけではありませんが、えっこれがその何々なの!とちょっと首をかしげてしまいます。

まあ不味いということはないプラ2品。

しかしデザートはコンビニじゃないんだからというレベルのお粗末さ。

気取れば気取るほどに恥ずかしいメニューの間違いだらけのフランス語。

「パリの下町にあるようなビストロ」というのは、じっさいパリの下町にあって長い歳月の中で自然と出来上がった風合いというものであって、半年や一年のそこらで、たこ焼きやうどんを日常食べている人々の町の中にそう簡単に生まれるものではありません。

やっぱりいつものお店に行くんだった!
[PR]
by koyu320 | 2010-07-03 01:07 |

サフィニア

e0194998_20354156.jpg


4月5日の記事で私の植えた苗がこれです。

サフィニアという名前ですが、なんということはない、ペチュニアです、

なんて、えらそうなことを言いましたが、考えてみれば私はこれまでアサガオとかの一年草しか植えたことがなかったのでした。

クリスマスローズやクレマチスなどをこのたび植えたりしたばっかりについ生意気になってしまいました。ペチュニア、ごめんなさい。

写真のあと、咲き汚れてきたので、丸坊主にしました。
[PR]
by koyu320 | 2010-07-01 20:37 | ガーデニング

神田

e0194998_0122462.jpg


右のゴミ箱の横に地下へ降りる階段があります。

e0194998_11195611.jpg


紫煙とコーヒーの香りがたちのぼるステキな喫茶店がありました。
[PR]
by koyu320 | 2010-06-23 18:21 |

神保町

どうしてもここに行きたいと思ったことはいちどもありませんが、来てしまうと時の立つのを忘れてしまう町です。

e0194998_010030.jpg


ウロウロして疲れたら休憩したいですね。この町には昭和レトロという雰囲気のカフェというより喫茶店があちこちにあるようです。

e0194998_0105475.jpg


結局いくらか買ってしまって宅配便で送ることになります(いつ読むんだ!どこに置くんだ!)。
[PR]
by koyu320 | 2010-06-20 00:18 |

麻布十番

たい焼きのお店に行ったら、一時間待ちと聞いてやめました。

e0194998_23303076.jpg


おいしいお蕎麦屋さんに行こうと思っていたのですが、うまく見つけられず、パスタ屋さんに入ることになりました。

お蕎麦屋さんよりイタリアンの方がはるかに多いです(写真は近くのカフェ)。
[PR]
by koyu320 | 2010-06-17 01:57 |

東京タワー(2)

多くの人が視線を共有するという意味で塔はやはり求心的な存在です。

夜になるとイリュミネーションが変化してキレイです。

e0194998_21302980.jpg


さて、ワールドカップがはじまりました。

いろいろ忙しくてまるで5分刻みといっていいような日常のスケジュールの中のどこに一試合90分が入るというのか。自分がもうひとり欲しいです。

いよいよカメルーン戦、これはライブで見なければ。こうなったら寝る時間を削るしかない!
[PR]
by koyu320 | 2010-06-13 21:31 |

マネとモダンパリ

繊細で洒脱、大胆であり瀟洒、奇跡のような一瞬のきらめきを掬いとるマネの筆。

三菱一号館美術館で「マネとモダンパリ」が開催されています。

e0194998_23252036.jpg


「菫の花束をつけたベルト・モリゾ」、画面のほとんどは黒とグレーからなる、色のない色の世界のなんという美しさ。人の手になるものの大いなる威力に感じ入ります。

「すべてをおいて黒」「絶対的な黒」「マネにしか属さない黒」「黒い色の圧倒的な力」と、この絵の黒色について、ヴァレリーは言いました。

マネの絵には黒の比類ない美しさと魅力があります。

e0194998_23254086.jpg


四月に出来たばかりの美術館です。こじんまりとしたきれいな美術館です。
[PR]
by koyu320 | 2010-06-13 10:45 | その他

オルタンスをさがせ

ランボーの散文詩集『イリュミナシオン』。

いずれの詩篇も解けない謎がそのまま結晶して宝石のように輝いている。

とりわけ不可解な暗示にみちた作品「H」。

最終行は「オルタンスをさがせ」です。

オルタンス、オルタンス。女性の名前です。

オルタンスHortenseといえばオルタンシアhortencia、あじさいです。オルタンスという女性に由来するようです。

今の時期、そこかしこのあじさいが開花しています。

e0194998_2131616.jpg


この春、苗を植えた我が家のあじさいです。まだ小さな株ですが花が咲きました。

ところで、あじさいがどうしてオルタンスという女性からきているのか、めんどくさいので調べていません。
[PR]
by koyu320 | 2010-06-10 23:33 | ガーデニング

東京タワー

e0194998_18123391.jpg


やっぱり塔が好きなのかな。カメラを向けてしまいます。

ここへ来るのは中学校の修学旅行以来です。

東京タワー、意外にハンサムです。
[PR]
by koyu320 | 2010-06-09 20:25 |

映画

e0194998_226255.jpg


世のシネフィルのみなさまの聖地、シネマテックフランセーズです。

もとはシャイヨー宮にあったのが、ベルシーの閉館した旧アメリカンセンターに移転しました。

設計はフランク・ゲイリーですが、この写真では「ゲイリーらしさ」がよくわかりませんね。

公園の中ですので、緑がいっぱい、前のベンチでお茶したりお昼を食べたりするとキモチいいです。

さて、映画ですが、このたび見たのは、「のだめカンタービレ」です。シネマテック・フランセーズとはなんの関係もありません。

芸術に向かって進む道に迷いや試練はつきものです。恋もまたしかりですね。

ハチャメチャな漫画性とエンタテイメントが満載の映画ですが、今回の「最終楽章」はさしずめ千秋先輩とのだめによる<愛のエチュード>というところでしょうか。

美しく感動的な音楽を奏でる指揮者や演奏者がもしも美男美女であったなら、という夢の世界を楽しむこともできます。
[PR]
by koyu320 | 2010-04-23 22:07 | 映画