le temps vole

voleur.exblog.jp

カテゴリ:街( 48 )

謹賀新年

写真はあいかわらずニースです。

e0194998_23461123.jpg


温野菜サラダを作りました。
ニンニクと玉ねぎのみじん切り、そして細切れのベーコンをオリーブオイルで炒めたものが味のベースです。
最後にもういちどオリーブオイルをまわしかけバルサミコ酢で仕上げます。

お正月の味はもう終了です。
[PR]
by koyu320 | 2011-01-05 18:18 |

旧市街

e0194998_12183260.jpg


やっと年末恒例の仕事をひとつ完成できました。

我ながらほれぼれするような目覚ましい集中力を発揮するコツは締切日が過ぎるまで何もやらないことですね。
[PR]
by koyu320 | 2010-12-19 12:20 |

京都

よいお天気だったので、遅い午後、京都を少しお散歩しました。

e0194998_10143384.jpg


e0194998_10145059.jpg


e0194998_10151981.jpg


仕事で行く京都は陰鬱な街なのですが、お散歩するのは楽しいです。
[PR]
by koyu320 | 2010-11-06 19:57 |

遠いプロヴァンス

ほとんど眠れぬまま朝6時に起きて、タクシーで最寄駅まで行って、電車に乗ってから空港行きリムジンバス、そして関空から飛行機に乗ります。

11時25分に飛び立ち、それからおよそ10時間あまりの空の旅です。窮屈なシートでこれは拷問に近い。

エコノミー症候群寸前の状態でパリの空港に着いて一息つく間もなくすぐに空港内を国内線のターミナルに移動。入国審査の長い列に続いてまたまたボディチェックを受け、マルセイユ行きの中型機に乗り換えます(下の写真はちがいます)。

e0194998_131427.jpg


座席につくもののなにかのストがあって、離陸が遅れるとのことです。

こういうときのフランス人たちは焦らず騒がず、じつに悠然と構えているのはさすがです。新聞を広げたり、書き物をはじめたり、連れのある人はもちろん、客室乗務員たちもぺちゃくちゃおしゃべりをして時間をやり過ごします。

結局、2時間近く機内に閉じ込められたのち、ひとことdesoléの機長アナウンスのあとあっけなく離陸、1時間ほどでマルセイユ・プロヴァンス空港に到着。昼の長いこの時期のフランスですが、さすがに外は真っ暗。これからマルセイユ市内行きのリムジンバスに乗ります。

30分くらいでマルセイユ国鉄駅に到着、いちおうホテルまでの地図は持参してきたのですが、疲れているし暗いし、タクシーに乗ることにして運転手にホテル名を告げると20ユーロと言います。

ふっかけられていると思ったので、やっぱり歩くことにします。途中で道を尋ねながら10分ほどでホテル到着。現地時間でこのとき零時前、日本時間では午前7時、結局家を出てからここまで24時間を要したことになります。

やっぱりパリで一泊するんだった!
[PR]
by koyu320 | 2010-09-18 17:00 |

市場

南仏も気温は高かったですが、カラリとしているので汗をかくようなことはあまりなかったです。

e0194998_22312684.jpg


やっぱりどこの町へ行っても市場は楽しい。

生ものにいっぱい蝿がたかっているのも南の地方を感じます。

e0194998_22315158.jpg


魚屋さんを撮影するのを忘れました。見たことのない魚がいろいろありました。
[PR]
by koyu320 | 2010-09-17 12:33 |

マルセイユ

e0194998_13295097.jpg


朝、部屋の窓をあけると青い空と洗濯物が見えます。

マルセイユに来ました。
[PR]
by koyu320 | 2010-09-16 00:06 |

旅行

短い旅行でしたが、それでも帰ってみるとほんの少し涼しくなっていてホッとしました。

e0194998_139585.jpg


今回は、迷ったすえに、フィルムカメラを持っていくことをやめて、ポケットに入るデジタルカメラひとつだけにしました。

自動設定にしているので、昼間のカメラは絞りを思いっきり絞り込んでパンフォーカスになってしまいます。ただでさえのっぺりした画調のデジカメが、さらに平坦な描写になります。

でも今回は機動性優先、写りのことは考えず、なにかあればバッグから取り出してパチパチと撮りました。
なにより身軽に過ごせてよかったです。
[PR]
by koyu320 | 2010-09-15 09:33 |

フレンチレストラン

e0194998_2331494.jpg


ごくたまああに行くフランス料理。

雑誌をみたりして新しいお店に行ってみます。

うちはフランスのビストロのように何々というスタイルでやっております、とサービス係のオシャレなお兄さん。私も詳しいわけではありませんが、えっこれがその何々なの!とちょっと首をかしげてしまいます。

まあ不味いということはないプラ2品。

しかしデザートはコンビニじゃないんだからというレベルのお粗末さ。

気取れば気取るほどに恥ずかしいメニューの間違いだらけのフランス語。

「パリの下町にあるようなビストロ」というのは、じっさいパリの下町にあって長い歳月の中で自然と出来上がった風合いというものであって、半年や一年のそこらで、たこ焼きやうどんを日常食べている人々の町の中にそう簡単に生まれるものではありません。

やっぱりいつものお店に行くんだった!
[PR]
by koyu320 | 2010-07-03 01:07 |

神田

e0194998_0122462.jpg


右のゴミ箱の横に地下へ降りる階段があります。

e0194998_11195611.jpg


紫煙とコーヒーの香りがたちのぼるステキな喫茶店がありました。
[PR]
by koyu320 | 2010-06-23 18:21 |

神保町

どうしてもここに行きたいと思ったことはいちどもありませんが、来てしまうと時の立つのを忘れてしまう町です。

e0194998_010030.jpg


ウロウロして疲れたら休憩したいですね。この町には昭和レトロという雰囲気のカフェというより喫茶店があちこちにあるようです。

e0194998_0105475.jpg


結局いくらか買ってしまって宅配便で送ることになります(いつ読むんだ!どこに置くんだ!)。
[PR]
by koyu320 | 2010-06-20 00:18 |